今日の夜にピンク色の満月「ピンクムーン」が出現へ!幻想的な光景に感動!


2018年04月24日


<この記事の読了時間:約3分>
この記事が気に入ったら
ブックマークお願いします。

本日4月22日は「ピンクムーン」が見られる日!


今日の夜にピンク色の満月「ピンクムーン」が出現へ!
「4月こと座流星群」も同時に18時~19時頃に観測ピークとなります!


幻想的な光景になるかも!

ピンクムーンって何??


一言で言うと4月の満月ですが、

実は2016年のピンクムーンはより特別なものです。

何かといいますと今日の満月は「今年、一番小さな満月」なのです。

最も地球と月が遠いタイミングで見れる満月ということ。


このピンクムーンが見られるのは、1年に一度きり!
なので今日を逃すと来年までチャンスはないです。

しかも今日は
「こと座流星群がピークを迎える日」でも
あるのでかなり特別な夜空となりますよ♪

 

えっ?なんで「ピンクムーン」っていうの??


もうわかっているかと思いますが
ピンクムーンは実際に月がピンク色に見えるわけではありません。

あくまで4月の満月というだけです。

そこでピンクムーンの名前の由来を調べてみました!

ピンクムーンの名前の由来は、
日本では「芝桜(シバザクラ)」とも呼ばれるモスフロックスや
春に咲くピンク色の植物から来ているそうで、ほかには
「エッグムーン」や「フィッシュムーン」と呼ぶ地域もあるという。


さらにアメリカNBC5の主任気象学者デイビット・フィンフォロック氏によると、
アメリカ・インディアンのアルゴンキン族によって名付けられたものとのこと。

由来の原点は定かではないが
ピンクムーンという響きの良さから世界中に広まったのだと考えられます。



満月にはこのほかにも、
「ウルフムーン」「フラワームーン」「ストロベリームーン」
「冷たい月(Cold Moon)」「ブルームーン」など、
時期に合わせたさまざまな満月の呼び方を紹介しています。

いずれもアルゴンキン語族をはじめとする
ネイティブ・アメリカンが呼び始めた名前を主としており、
現代には多彩な呼び名があるようです。

 

ピンクムーンを知ったネットの反応は?






今日は自分の目で確かめましょう!!


本日の18時~19時頃になんとも不思議な月が見れます☆
ぜひ夕方は空を見上げてくださいね♪



「こと座流星群」




「ピンクムーン イメージ」

この記事が参考になったらシェアよろしくお願いします!